不登校から2週間

不登校から2週間が経ちました。

状況は何も変わらず、放って置いたら学校に行くだろうという、

楽観的な気持ちは無くなってきました。

この時の私の気持ちは、

「自分の子供に限って不登校になる訳ないだろう。」

妻も不安と焦りで気持ち的に不安定になってきており、

子供ときちんと話をしてくれと言われました。

当時の私は、仕事である事業の立ち上げに関わっており、

自分自身に余裕がありませんでした。

息子にキツく当たりました。

学校で嫌なことがあったのか?

無いなら、なぜ学校に行かない?

学校に行くのは普通でしょ。

ただのサボりなら許さない。

息子は暴れました。

半ば発狂したように。

手当たり次第、物を投げました。

私は、息子を力ずくで押さえ込みました。

息子は泣きながら布団を被り、

「行こうと思ってたのに! もう絶対行かない!!」

と言いました。

「不登校になった原因は分からない」

以前にそういう風に書きましたが、

「不登校から登校する機会を奪った」のは、

私だったのではないかと、今でも考えます。

理由が分からない不登校はあるものです。

大人は、親は理由を知りたがります。