学校に行った

不登校になり4ヶ月ほどが過ぎようとした頃。

会社につくと、妻からラインが入っていました。

「息子が学校に行った。」と。

この時、会社で飛び上がるほど興奮しました。

「やったー!の絵文字」で返します。

帰宅して、妻と目を合わせて良かったと。

これが続くように、特に何も触れることもなく、

この4ヶ月と同じように、息子には学校の話題をすることもなく、

普段通りに接しました。

本当は、

久しぶりの学校はどうだったのか?

明日も行けるか?

聞きたいことは山積みでした。

でも、どう声をかけたらいいのか分からない。

変に刺激して、また不登校になったら・・。

そんな思いが先行してしまいます。

結局、話題にできずでした。

でも、これで不登校の呪縛から逃れられる。

希望の日となりました。