友達の引っ越し

中学一年生の3学期。終業式を間近に控えた頃。

小学校も同じクラス、良く遊んでいたグループの一人が、

親の転勤のために引っ越すことになった。

その最終日の前日。

息子と一番仲の良い友達が家に寄ってきた。

不登校中も家に遊びに来てくれる友達です。

彼が息子に、明日、その子が最後の登校日だから、

学校に来いよ、と話をしている。

息子は、う〜ん、というYesかNoか分からない答え。

彼は明日の朝に迎えに来るから、絶対学校連れて行くから、と。

当日の朝、彼は約束どおり迎えに来てくれた。

息子は、ギリギリまでパジャマのままだった。

でも、友達に説得されて、制服に着替えた。

一緒に、学校に行った。

本当に良い友達に恵まれている。

「普通」に学校に行けない。

ただ、それだけなんです。