不登校に気づいたら

私自身の経験と反省を踏まえて、不登校に気づいた時、

子供には、どう声をかけるのが良いのか?

一番の悩みどころではないでしょうか。

私の場合は、学校には「普通」に通うものという自分の思い込みから、

学校に通わせるという目的を持った話をしてしまいました。

その結果、口調もキツくなり、子供も暴れ出すという最悪の自体を招きました。

不登校に気づいたということは、もう不登校の事実は消すことはできません。

子供と話をするときは、不登校を否定するのではなく、

不登校を肯定してあげる方が良いと思います。

不登校に気付いた時、声をかけるとすれば、

「なぜ学校に行かない? いつ学校に行けるのか?」

ではなく、

「行こうと思えるまで休んで良いよ。」

この一言ではないでしょうか。

学校に行けるようにする後押しではなく、

気兼ねなく休める後押しをしてあげる方が、

子供にとっては、良かったのだと思います。

学校には行かなくても大丈夫。

子供も、親も、そう考えることが「不登校」という

問題を解決する一つの方法です。