不登校の子供が学校に行けた時の声がけ

不登校が何ヶ月も続き、なんとなく諦めかけた時に、

ふらっと学校に行くことがあります。

親としては、びっくりするのと、嬉しいのと、

これが続くのかどうかという不安と。

様々な感情が沸き起こります。

そして、帰宅した子供には、どうやって声を掛ければ良いのか?

「良く頑張って学校行けたね。」

「学校はどうだった?」

「大丈夫だったか?」

「明日も学校行くよな?」etc…

聞きたいこと、言いたいことは山ほどあるのに、

気を使って、何も触れずに、そっとする。

この対応をしてしまうことが多いのではないでしょうか?

私も、そうでした。

「普通」に学校に通っている子供であれば、

いつものことなので、それで良いと思います。

毎日、毎日、学校どうだったという話はあまりしないと思います。

不登校の子供にとっては、学校に行くということは、

いつものことではないはずです。

親としては、当然、気になるでしょう。

それであれば、子供には、堂々と聞くべきだと思います。

「久々の学校どうだった?」と。

子供にとっても、あえて触れられないのは、何か変だなと感じてるのではないでしょうか?

遠足に行けば、遠足どうだった? と聞くし、

運動会があれば、運動会どうだった?と聞くのと同じだと思います。

答えたくないことは、答えないと思います。

それは、人間誰しも同じですよ。