ゲームは何時間なら大丈夫?

子供が学校に行かずにゲームばかり・・。どのくらいなら許可してもいいのか?

不登校を持つ親にとっては、一番の悩みなのかもしれないゲーム問題。

裏を返せばゲームに集中できるということは、心の病気や体の不調とかではなさそうですね。

私の場合も、子供がフォートナイトなどのオンラインゲームにハマり不安な日々を過ごしていました。

そして不登校の原因が、このオンラインゲームにあると思い、家のWiFiを全てシャットダウンしました。

ゲームは不登校の原因ではありません。断言できます。

「普通」に学校に行っている子供もゲームにハマります。

そして、同じようにゲームばかりして勉強せずに親を不安にさせるでしょう。

学校に行っていないだけで、何か違いがあるでしょうか?

私は子供と約束しました。

・ゲームは1日、2時間以上やること。

・4時間を超える時は、許可を取ること。

この二つだけ。

人間の集中力は、せいぜい1時間でしょう。

3時間、4時間も集中してゲームができるなら、それはある意味才能があるのでしょう。

その才能を伸ばしてあげるのも大事です。

ゲームするなら、ちゃんと真剣に集中して2時間はしなさいと伝えました。

不思議なもので子供にとって好きなことを、親からやってもいいよと、後押しされると自発的に取り組みます。

その延長で上限も同時に決めることで、その範囲なら子供は自由を手に入れることができます。

不登校の子供を持つ親は、気になることは全て不登校に結びつけてしまいます。

そのほとんどは、不登校とは関係ないことばかりです。

ゲームも同じです。ゲームは不登校の子供がする遊びではありません。

どんな子供も同じです。思いっきり遊ばせましょう。